Enter101

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enter101

ネットで話題のネタ、アプリ、WEBサービス、ブログ運営、雑記など

800字?1500字?ブログの文字数は何文字が適切なの?

スポンサーリンク

f:id:tsurare01:20160117234157j:plain

 

ブログを書いていると、何文字くらいにまとめるのが適切なのかってことで多くの人が悩むと思う。

 

参考になる記事があったので紹介します。

naifix.com

 

どのような文章でも、無理やり長く伸ばすことは可能です。


ちなみにこのブログ「Enter101」では大体1500文字の記事が多い。一番短いもので1200字程度。長い記事は3000字を超えるものも。ちょっとだけ記事を書くのに慣れてきたこともあって、ぼくなりにブログの文字数について考えてみたいと思います。

 

最初はひたすら書いた方がいい

ブログを始めたばかりであれば、「無理やり長く伸ばすこと」ですら難しい。無駄な言い回しが増えたりダラダラと意味のない文章を追記したりして、ようやく1500字程度の記事が出来上がる。そうやって長くした文章に価値はたぶんないのだけれど。

 

それでも最初のうちは決まった分量に調整できるようなクセをつけるために、文字数は意識した方がいいと思います。小学校の作文は原稿用紙3枚みたいなものですよね。決まった分量にまとめるというのは文章を書く上で最低限必要なスキルだとぼくは思っています。

 

文字を書く。文章を書く。練習として割り切っての記事であれば、それこそ好きなだけ長い文章を書いた方がいいでしょう。読みやすい文章を書くためには、それなりの練習が必要だから。

 

ある程度記事が溜まったら、修正したり、修正する価値もないエントリーは削除したりする必要はあると思いますが、まずは一文字でも多く書かないと文章は上手くなりません。

 

 

 文字数によるメリット・デメリット

文字数によるメリット・デメリットでは実際ブログとして記事に残す場合は、長い文章と短い文章はどちらがいいのでしょうか。

 

メリットとデメリットについて考えたいと思います。

 

短い文章の場合

短い文章のメリット
短い文章のデメリット
  • ブックマークの必要がない。拡散されにくい。
  • キーワードが少ない分SEOが弱い。

長い文章の場合

長い文章のメリット
  • 記事内キーワードが多いため検索に強い。
  • 滞在時間が長くなる。
  • ブックマークやツイートされやすい。
 長い文章のデメリット
  • そもそも読まれない。

 

つまり渾身の一撃のつもりで書いた長文エントリーで、滞在時間が短いのはそもそも読まれていないということになります。短い文章でもシェアされるのは何か人に教えたくなる魅力があるんだと思います。

 

文字数より何を書くかが大事

何文字の記事を書くのかということの前に、何のための文章なのかということが大事。

 

文章として読ませたいのか。なにか事柄を伝えたいのか。記事の目的によって適切な文章の長さは変わります。

 

とても参考になる記事がありましたのでご紹介します。ママブロガーで有名なまなしばさんの記事です。

mama-hack.com

これも文字数について気にしたことがないので、あくまで「読者が満足できる内容を書いた結果、その文字数になった」と考えていただければと思います。

 

読者に何を伝えたいのかということが一番大事ですよね。逆に記事ごとに伝えたい想いがあれば何文字だって構わないと思っています。ぼくも何か「これを伝えたいんだー!」って勢い任せで書き殴った記事の方が読まれている気がします。

 

つまり、文字数を意識して書いた記事はおもしろくないんじゃないかってこと。

 

文字数なんか忘れるくらいありったけの想いをぶち込んだ記事のほうがおもしろいんじゃないかってこと。

 

適切な文字数について考えるエントリーの結論は、適切な文字数なんて考えるな!感じろ!ってことでした。

 

まとまってないとか突っ込まないでください。ぼくだって必死に考えたんだ。

おわりっ!