Enter101

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enter101

ネットで話題のネタ、アプリ、WEBサービス、ブログ運営、雑記など

STAP現象が証明された?小保方晴子氏を正しかったとする記事はデマ?

WEBで話題 これはひどい 炎上

スポンサーリンク

f:id:tsurare01:20160320051504j:plain

小保方晴子さんが「STAP細胞はあります!」って言った話から何周回ったのかわかりませんが、多能性細胞研究の話題です。

 

とある記事を読みました。 

biz-journal.jp

けっこうな数がブックマークされているので、読んだ方も多いのではないでしょうか。記事の内容は2015年11月27日の論文の話で、なぜ今更取り上げたのかわかりませんが、かなり反響は大きかったようです。ネット上では記事を誤解する人も見受けられました。

 

たしかにここだけ読んだらミスリードする文章ですよね。

そして、もしもSTAP細胞論文が取り下げられていなければ、体細胞のなかに多能性が存在することを外部刺激によって最初に証明していたのは、小保方氏になるはずだった。


引用:STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明 | ビジネスジャーナル

 

ぼくは理系でも語学堪能なわけでも無いので、元の論文を読んでも何のことやらわかりませんが、随分と前にガセネタとされた内容ということらしいです。

 

こういう時のはてブほんとに助かります。大感謝です。

STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明 | ビジネスジャーナル

昨年12月にフルボッコされた「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」というブログ記事http://bit.ly/1MgMSSd のコピペ記事。おかしな点をまとめたものはこちら http://bit.ly/1MgMXp9 念のため

2016/03/19 17:24

b.hatena.ne.jp

 

前も同じ騒ぎになったiMuSCsに関する論文

元の記事は12月に書かれた内容とほぼ同じ内容のもので、前回元の論文を熟読された方も居たようです。

記事は長いが要約すると

ネイチャーの姉妹誌「Nature.com SCIENTIFIC REPORTS」に、
「STAP細胞」と同じではないが、「STAP現象」という
細胞の初期化が存在したことを示す論文が掲載された、
小保方晴子さんの研究結果は正しかったのだ。

という内容。


これが真実なら大変だが、
実際に書かれていることは違った。

 

引用:ばるかんろぐ! 【デマ】ネイチャー姉妹誌にiMuSCsに関する論文が掲載、小保方晴子氏の「STAP現象は存在した」との情報がネットで拡散、しかしこれは曲解でした

 

これは地獄の再来かもしれない。

 

アフィブログやまとめサイトでは拡散されていないようですが、とりあえずツイッターでは拡散されている様子。これの流れについてはやまもといちろう氏も一言。

そんなの釣られる訳ないじゃないですか…(震え声)

 

木星通信=上田眞実さんとは

 

ジャーナリストの上田眞実さんはツイッターもやっているようです。

 

この記事でも「文=上田眞実/ジャーナリスト」となっていますので、@irakusaのアカウントがご本人で間違いないようですね。直接リプライで訪ねている方も居て、編集部が内容を確認していると思われるようなツイートもありました。

ツイートの内容では、タイトルはビジネスジャーナルの編集部がつけたようですね。

 

拡散される「小保方晴子さんが正しい説」

うーむ、結構リツイートされてますね。ちなみに研究者Gというのは研究者グループのことらしいので、匿名の研究者Gさんのことではないそうです。

 

 

最後の部分については今回の記事はちゃんと書かれているものの

2015年11月27日に英国科学雑誌「ネイチャー」姉妹版のオープンアクセスジャーナル「ネイチャー・サイエンティフック・リポーツ」に掲載された。
引用:STAP現象、米国研究者Gが発表…小保方晴子氏の研究が正しかったことが証明 | ビジネスジャーナル

内容については「うーむ」以外の言葉が思いつかない感じ。それにしてもなんで今頃またこういう話が出てきたんだろう。謎です。

 

f:id:tsurare01:20160320052145j:plain

出典:Google

Exiciteニュースにも掲載されてるし、これほんとに勘違いしちゃう人が結構出てきそうな予感。

 

元の論文では、

  • 以前からSTAP現象と似た研究は沢山行われていた。
  • 「STAP現象」に似たもの(iMuSCs)は存在する。
  • 小保方晴子さんの研究が正しかったことを証明するものではない。

ということ程度のもののようです。元の記事を鵜呑みにして会社で話したり、ツイートしたりすると恥ずかしい想いをすること請け合いのようなので、皆様もお気を付けください。

それではっ!