Enter101

Enter101

ネットで話題のネタ、アプリ、WEBサービス、ブログ運営、雑記など

レトロな街並みに門司港カレー屋さんが40店舗もあるらしい門司港観光に行ってきた

スポンサーリンク

f:id:tsurare01:20160614211849j:plain

門司港写真フォトライブラリー|観光スポット

週末はフラっと門司港にいって遊んできました。

門司港ってなんか知らないけどノスタルジックな雰囲気で好きなんですよね。たまに門司港近辺に遊びに行ってます。

 

門司港レトロ(もじこうレトロ)は、福岡県北九州市門司区にある観光スポット。JR門司港駅周辺地域に残る外国貿易で栄えた時代の建造物を中心に、ホテル・商業施設などを大正レトロ調に整備した観光スポットで、国土交通省の都市景観100選を受賞している。対岸の下関市唐戸や巌流島等との周遊ルートとして多くの観光客で賑わう。

門司港レトロ - Wikipedia

 

f:id:tsurare01:20160614212321j:plain

レトロってこんな感じなんですね。

古びた赤レンガにどこか西洋の空気を感じさせるモダンな建物が目を惹きます。

 

門司港レトロに残された大正建築によるものなのか、街づくりそのものによるものなのか。海外の港町のような景観と海沿いの潮の香りが日本離れした雰囲気を醸し出していて、散歩しているだけでも旅人気分を味わえる素敵な街でした。

 

f:id:tsurare01:20160614212337j:plain

こちらは門司港レトロ中央広場にほど近い海峡プラザの様子。海沿いのベンチで冷たいアイスコーヒー飲みながら一休みなんて最高。

 

f:id:tsurare01:20160614212505j:plain

あたりを見渡すと、レトロな雰囲気をぶっ壊す近代ビルのコントラストも楽しめます。後ろに見えるビルは高層マンションのレトロハイマート。31階には門司港レトロ展望室があります。

 

門司港カレーってどんなたべもの?

門司港に着いたのはお昼を若干過ぎた頃。お腹が空いてきたので、ランチに行きました。せっかく食べるなら門司港で食べるなら門司港カレーってことで、訪れたのは門司港カレーで有名な展望レストラン「陽のあたる場所」。

 

f:id:tsurare01:20160614213208j:plain

ちなみに門司港カレーとは、門司港発祥の焼きカレー。戦前に国際貿易港として繁栄していた門司港は洋食文化が広まるのも早く、カレーをグラタン風に焼いた焼きカレーは昭和30年頃から食べられていたそうです。

 

Wikipediaによると、門司港カレーのお店は30店舗以上って書いてありますが、今では門司港カレーのお店は全部で40店舗以上あるらしいですよ。人力車のおっちゃんが言ってたから間違いないはず。

 

これだけ門司港カレーのお店が集まると各店差別化をするのも大変なようで、ふぐやたこを乗せた海鮮カレーインド人が作る門司港カレーなど、もはや門司港風インドカレーなのかインド風門司港カレーなのかよくわからないけど美味しそうな食べ物までバラエティに富んでいます。

 

とりあえず言えることは、お店が多すぎて一日で回れないから食べに行きたい門司港カレーのお店は事前にチェックしておくべき。

 

門司港カレーが食べられる展望レストラン「陽のあたる場所」

f:id:tsurare01:20160614213327j:plain

7階にある展望レストランということで、ビルの入り口からすぐ直通のエレベーターとなっています。

 

f:id:tsurare01:20160614213407j:plain

門司港レトロならぬ微妙にレトロな雰囲気を醸し出したエレベーター。こちらは大正ではなく多分昭和製なはず。メンテナンスはしっかりされてそうだけど指定の階に停まる時「グゥワン」ってエレベーターが揺れてめっちゃ恐い。

 

f:id:tsurare01:20160614213531j:plain

用意されていたのは土日用のランチメニューで1名様分1,550円。今回は、門司港カレーのランチセットとハンバーグのセットを注文しました。

 

f:id:tsurare01:20160614213548j:plain

今回訪れた「陽のあたる場所」の門司港カレーはピリッと辛いスパイシ―なカレーにカリカリに焼かれたチーズがよく合う素敵な焼きカレーでした。

お店毎に味が違ってそれぞれの美味しさが楽しめるのも門司港カレーのおもしろいところ。このお店の門司港カレーはこどもにはちょっと辛いかも。

 

f:id:tsurare01:20160614213643j:plain

うちのこどもは「カレーおいしいね。」と言いながらやせ我慢して一口、また一口とせがんでいましたが、ハンバーグもメニューにあってよかった。

 

f:id:tsurare01:20160614213658j:plain

サラダのドレッシングもちょっとだけスパイシーな香り。

こども向けメニューは無いようで、子供連れで行くよりは大人のデートにピッタリのお店だと思います。

こども用の椅子やオレンジジュースなどのドリンクもありますが、夜はさらにカップル率が上がりそう。お子様連れは肩身が狭い思いをしそうなので、行くなら昼がおすすめ。

 

f:id:tsurare01:20160614213730j:plain

7階からの景色はすばらしく、門司港が一望できます。デートで来るなら最高のロケーションですね。有名人も数多く訪れているようで、通路にはサインがたくさん並んでました。

 

はちみつ専門店の「ビーハニー」

f:id:tsurare01:20160614213811j:plain

ご飯も食べたところで、海峡プラザを散策。美味しそうなはちみつの匂いを感じて、「ビーハニー」に立ち寄りました。

先日、はちみつの健康効果について書いたばかりはちみつに夢中な僕としては立ち寄らないワケにはいかない。

 

f:id:tsurare01:20160614213924j:plain

店内にはところ狭しとはちみつが並べられています。インターネットでも購入できるそうですが、門司港に行ったらぜひ店舗に足を運んでみてほしいと思います。はちみつ好きには心躍る甘い空間が拡がっていました。

 

f:id:tsurare01:20160614213900j:plain

国産のレンゲやアカシアなどのはちみつもありますが、せっかくなのでちょっと変わった蜂蜜も食べてみたい。ということで今回はカナダ産クローバーのはちみつを購入。200g瓶入りで1,200円。ザラッとした仄かな甘さが特徴のクローバーはちみつ。ホットケーキによく合いそうな優しい味。

 

f:id:tsurare01:20160614214029j:plain

店頭で販売されているはちみつのソフトクリームは絶品です。店前にあるベンチで休憩しながら甘いソフトクリームを食べるだけで日頃の疲れも吹っ飛びそう。

 

f:id:tsurare01:20160614214048j:plain

門司港レトロは一日では遊びきれないくらいお店や施設も多いので、北九州に遊びにいくときはぜひ立ち寄ってみてください。

それではっ!

 

▼今回立ち寄った場所

www.mojiko.info

tabelog.com

tabelog.com