Enter101

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Enter101

ネットで話題のネタ、アプリ、WEBサービス、ブログ運営、雑記など

エイプリルフールの境界線はどこ?ブラックジョーク過ぎる非公式オデッセイ

スポンサーリンク

本日は4月1日ですね。

毎年楽しいジョークが飛び交うエイプリルフールということで、いろんなWEBメディアでもジョークページが作られています。その中でも話題のサイトがありましたので紹介したいと思います。

 

リンク先魚拓

70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

 

色んな著名人をネタにコラージュしているページですが、内容が内容だけに色々とネタで済まされなさそうな雰囲気もあります。大丈夫でしょうか。

お詫びが掲載されました。大丈夫じゃなかったっぽい?)

 

法的に問題ない内容なのか

他サイトの文章や画像を扱いたい時はこれ「引用の範囲でイケるんちゃうか?」と常々頭を抱えています。

芸能人が問題を起こして騒動になった場合などは、匿名アカウントのツイッターでクソコラグランプリとかも行われていますが、法的にはグレーどころかアウトな事例も多いですよね。

ブログにしても、メディアにしてもこういった写真を挿入する場合には、著作権や肖像権に対しては、一歩間違うと損害賠償が発生したり法的に罰せられる可能性もあるので、法律に詳しくない当ブログのような個人サイトでは、常に気をつけて取り扱いたい部分となります。週刊誌などは度々名誉棄損などでも裁判されていますよね。

 

ネタで笑い飛ばしたいところですが、「エイプリルフールでは、他者の人格を貶める内容であっても罪には問われない。」なんて条文はありません。

そんな法律が出来てくれたら、もっと気軽に楽しめる人も出てくるかもしれませんが、ネタをネタとしてなんでも許されるとなると、4月1日はブラックジョークしか飛び交わない殺伐とした世界になるわけで、難しい問題と言えます。

 

笑えないという批判も

映画.comということで、そのあたりの問題はクリアしてると思いますがコメントには批判も多いようで。

70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

お!やってはいけないタイプですね

2016/04/01 06:20

b.hatena.ne.jp

70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

エイプリルフールの約束事「人を傷つけてはならない」に真っ向から勝負するロックスタイル。あかんやろ。

2016/04/01 10:13

b.hatena.ne.jp

70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

いいね。こういうのをどんどんやって、エイプリルフールを「ちょっと面白いこと発信できるウチら」みたいに使う風潮ごと吹き飛んでほしい。

2016/04/01 09:39

b.hatena.ne.jp

70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

70億人が、おもしろかった頃の映画.comの還りを待っている。

2016/04/01 12:04

b.hatena.ne.jp

 

実際、サイトの方もかなり尖った感じに仕上がっていますね。

 

http://image.eiga.k-img.com/april2016/img/005.jpg?1458880778

出典:70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

 これは、乙武氏の騒動を知らない人が見たら、ただの「変態さんかな?」と思ってしまう人も出てしまいそうです。

 

http://image.eiga.k-img.com/april2016/img/007.jpg?1459322358

 出典:70億人が、彼の還りを待っている。オデッセイ(非公認)

ベッキーに至ってはかなりきつい表情…というか、加工しすぎではないかと。「グロ注意って書けや」とお叱りを受けそうなレベル。これはヤバい。

 

ここまで振り切れる映画.comってもしかして凄いんじゃないか、これ。ツイッターのクソコラ祭りレベルのノリで大企業がコラをやる事例なんてそんなに無いワケで、逆に気になります。

 

実際に問い合わせてみた

本コンテンツは、すべて映画.comが勝手に創作したものです。

最後に、勝手に創作したものという部分がとても気になりましたので、映画.comに問い合わせてみました。回答はまだ頂いていません。

ショーンK氏や乙武氏など騒動になった人には何をしてもいいといった風潮は少なからずありますが、実際に何をしてもいいわけではないはず。本人や所属事務所の許可があれば、例え批判はあっても問題はないわけで、その辺、映画.comのような大手サイトならもちろん大丈夫…ですよね?

 

「これはヤバいwwワロス」って拡散してもらいたいところが「映画.comヤバい……ワロエナイ」ってなってる事態に、エイプリルフールのメディア運用の難しさが垣間見えます。

それではっ!